書評

中島聡『おもてなしの経営学』(アスキー新書)について

おもてなしの経営学 アップルがソニーを超えた理由 (アスキー新書 55) おもてなしの経営学 アップルがソニーを超えた理由 (アスキー新書 55)

著者:中島 聡
販売元:アスキー
Amazon.co.jpで詳細を確認する

先日、海部美知『パラダイス鎖国』の書評を書いたので、先月の八重洲ブックセンターでの対談のもう一人の主である中島氏の本書を読んでみた。

 

いきなり書評を書こうとも思ったのだが、それよりもAmazonでのレビューがこの点で厳しいことが多く書かれているので、それをダシにして感想を書いてみたい。

 
   

(1)「著者のblogを愛読しているので、期待していたが、雑誌の記事の採録や対談の記録で、資源の再利用を見ている感じ。[星3つ]

 
   

(2) ブログを日ごろから読んでいたので予約までして楽しみにしていた本だが、271ページの本書の123ページ以降、すなわち半分以上のページ、が特別対談で占められているというなんとも期待を裏切られる作品。第一章「おもてなしの経営学」は、ほぼブログと同じ程度の情報量しかない。 [星1つ]

 

たしかに、気持ちは分からなくはないが、先月の対談でも中島氏本人が「海部さんの本ほど論理立ててまとめられていない」「書くのに苦労して、プログで書いたことと対談を入れてなんとか一冊の本になった」という趣旨のことを既に言われたので、読後に違和感や失望はなかった。

 

上の2つの意見には、アマゾンレビューでも投票が多い(しかも「参考になった」とするものが多数)のだが、これら2つの意見は、はっきりに言うと、blogを普段から読んでいる人が勝手な期待をしてそれが裏切られただけのことにすぎない。世の中には中島氏のブログLife is beautifulを読んでいない人はたくさんいるのだ。だからこそ本を出したということもあるだろう。世の中には対談だけを収めた本も数多くある。本書に対する正当な評価とはいえないだろう。

 
   

(2)(続き)経営にはおもてなしが重要という主張に対して、同意・反対できるだけの論理が展開されていないため、本として出版するレベルにまで昇華されてないように感じられた。ブログでは、その程度の内容でエントリーしてもいいだろうが、本として出版する以上、もうすこし踏み込んだ考察がほしかった。

 
   

(3) 同じようなことを見方を変えて書いていたりするのでときどき「あれ?前のページでも同じことを言っていたような」という気分になります。[星3つ]

 

これらの指摘には同意。ただ、これは先にも述べたように、書いた本人がよく分かっていること。むしろ、この問題は、編集者に責任がある。中島氏はブログは書いているけれどもプロの書き手とは言い難いのだから、編集者がもう少し時間をかけてきちんとサポートしてあげるべきだろう。アスキーの早く出版したい(しかも海部氏の『パラダイス鎖国』と合わせて)との意向が透けて見えるような気がする。

 

では、私はどう思ったかというと、上記の欠点はあるとはいえ、素直に面白いと思った。実は中島氏のことを失礼ながらそれほどよく知っていたわけではなく(ブログも去年の中ごろから読み始めたばかり)、本書を読んで、日本人にも、こうした人材がいたのかと今頃になって感心した。彼のブログはギークたちがよく読んでいるらしいが、分かるような気がする

 

確かに、本書では中島氏の言いたいことが整理されておらず、特に第2章はタイトルが「ITビジネス蘊蓄」(!)というふざけたものになっていることから分かるとおり、ただ彼の過去のブログのエントリーを並べただけなので、分かりにくい。むしろ、第3章の対談(特に古川亨氏との対談、梅田氏との対談)を読むと、彼が考えていることがよく分かるように思う(ひろゆきとの対談は、むしろひろゆきの方が主役という感じ)。対談という形式が、対談相手とのインタラクションの中で彼の言いたいことを分かるように引き出しているように思う。

 

もちろん、彼のいう「ユーザー・エクスペリエンス」=「おもてなし」の重要性にはうなずけるところが多い(1)(もっとも、私は、この言葉よりも、それと対比される「床屋の満足」というフレーズが気に入ってしまったが(2))。中島氏の「おもてなし」は、ものづくり寄席で聞いた阿部誠教授の話にもつながると思った。

 

(1) ただ、日本のシステム構築は、ユーザのニーズに合わせてカスタマイズしすぎることが逆に問題になっているようだから、「おもてなし」も時と場合によるということはいえるのかもしれない

 

(2) 既存の言葉で置き換えると、それぞれ「マーケット・イン」、それに対比される「プロダクト・アウト」といったところだろう。)

 

 

| | トラックバック (1)

書評:『幕臣たちの明治維新』(安藤優一郎著、講談社現代新書)

幕臣たちの明治維新 (講談社現代新書 1931) 幕臣たちの明治維新 (講談社現代新書 1931)

著者:安藤 優一郎

販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 

本屋で気軽に手をとって思わず買ってしまった本。近代史の本にはどうしても手を出したくなってしまう。 

さて、本書は、明治政府成立後の徳川家家臣(幕臣)たちのその後を取り扱った本である。勝海舟、榎本武揚、渋沢栄一等の一部幕臣が明治治世下でも活躍したことは知られているが、大多数の旗本・御家人たちが明治以降どのような運命をたどったのか、一般に知っている人は少ないと思う(私もその一人)。そうした敗者の歴史を辿ったものとして興味深い本である。

明治政府の命で静岡に移った徳川家は家臣たちに、明治政府への出仕、自分で農業や商売を始めるという選択肢も与えたが、ほとんどの家臣は、静岡藩が財政逼迫で大幅なリストラが必要だったにもかかわらず無禄覚悟で静岡に移住する途を選び、結果として過酷な生活を強いられた。自分で商売等を始めた家臣もその多くは厳しい生活を送った。明治政府に出仕した者も人々から白眼視された、という。その他、幕臣たちは人材の宝庫で明治政府からのヘッドハントがあったこと、明治政府の中級以下の官僚の多くが旧幕臣だったこと、幕府のお膝元東京では反明治政府の裏返しとして西南戦争での西郷人気が高かったこと、そして明治22年に開催された東京開市(=家康江戸入城)300年祭は幕臣も集まったほか江戸を懐かしむ沢山の市民で大人気を博したこと等が語られている。

我々が知る薩長等の勝者の歴史と異なる、一般に知られない敗者たる幕臣の歴史、加えて当時の東京の人々の幕府への思慕を要領よく分かりやすく書いている。気軽に読みこなせるのは、さすがに講談社現代新書といったところだ。ただ、手軽さを意識したのだろうか、大まかな点だけが語られている感があり、敗者の歴史として読むには内容にやや物足りなさを覚えた。例えば、一般の旧幕臣たちが明治政府の治世で何を思って生きたのか、彼らの生の声をもう少し取り上げても良かったのではないか(本書の記述からある程度は想像可能だが)。また、本書で一部が取り上げられている山本政恒の自分史の記述も興味深く、これを中心に据えて書いても面白かったのではないかと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

書評:海部美知『パラダイス鎖国』(アスキー新書)

パラダイス鎖国 忘れられた大国・日本 (アスキー新書 54) (アスキー新書 54) パラダイス鎖国 忘れられた大国・日本 (アスキー新書 54) (アスキー新書 54)

著者:海部 美知
販売元:アスキー
Amazon.co.jpで詳細を確認する

本書については、先日このブログでまとめを書いたところだが、それに対する自分の考えを整理するに時間がかかってしまった。言い足りないことも多々あるだが、ひとまずの整理はできたので、以下に記してみたい

 

1.「パラダイス鎖国」というベクトル

  「パラダイス鎖国」とは、経済の実体を示すだけではなくて、内向きにこもって安住していたいという心理的な傾向も示すような響きのある言葉である。著者が意識しているかどうか分からないが、この言葉には、日本経済とか、企業活動とか、あるいは個人の消費活動とかいった「実体的なもの」に関するものと、人々の意識や心理に関するものの2種類が含意されていて、1980年代やそれ以前と比較した時の、現在の日本の経済の実体と心理の「方向性」あるいは「ベクトル」をうまく表現しているように思われた。 

確かに、絶対水準で1980年代と比べると、実体面では、明らかに日本市場の対外開放度や企業のグローバル化度は高いであろう。日々の生活においても、外国人の姿(欧米人だけでなくアジアからの人々、それ以外の地域の人々)は当たり前のように身の回りで見られ、心理的な抵抗感や偏見も少なくなっているように思われる。しかし、「ベクトル」という点からすれば、かつてのように明らかな開国へ向かっていた方向とは異なり、できれば内に閉じこもうという傾向が目立つようになっている。本書の第一章で書かれているいくつかの事例はまさにそのようなものだが、このほかにも、例えば、先日のFTの記事について書いたように、日本の企業社会や政府は、外資を含めヨソモノを相変わらず受け容れることに相変わらず消極的な傾向が強いことをあげることができる。近年、マスコミやネットで見られる日本に閉じこもろうとするような退行的な言論も別の一例としてあげることができるかもしれない。こうした日本で広く見られる実体的な事象、そしてそれらに共通する心理的傾向を、「パラダイス鎖国」という言葉で適格に表現しているのが著者の秀逸なところである。私が「パラダイス鎖国」というフレーズに共感してしまうのは、こうした1980年代までの日本で感じられた「ベクトル」と、現在の日本で感じられる「ベクトル」との間にある明らかな相違を実感するからだと思う。 

 

2.議論の混乱 

ただ、こうした「パラダイス鎖国」状態がなぜ克服され、「ゆるやかな開国」に向けて進むべきなのか、という点についての本書の説明には、どうも説得力があまり感じられない。もう少し具体的にいうと、パラダイス鎖国について語った第1章、第2章と、多様性のある社会へ進むことを問いた第3章、第4章との間には、齟齬が感じられ、すっきりつながってこないのである。なぜなら、第1章、第2章では国を開くか閉ざすかという問題が主に述べられているのに対して、第3章、第4章で語られているのは、むしろ多様性をもった社会で試行錯誤を繰り返していくかどうか、という点だからである。わかりやすく言えば、著者が本書の後半で主張する多様な価値観をもった人々がいろいろと試行錯誤を繰り返していってイノベーションを生み出していくような社会は、海外との関係が一切なく、国内だけでもを作ることは十分に考えられるからである。無論、多様な価値観を持った人々には海外の人間も含まれうるし、おそらくその方が多様性が高まり著者は望ましいと考えるだろうと思うが、海外に開かれることは第3章や第4章で述べられる著者の主張においては絶対的な必要条件ではないように読める。 

こうなってしまったのには、一つには、著者が「海外に出るか/国内に留まるか」というモノサシだけで現状の問題を語ろうとしまったからではないかと思う。確かに、この尺度で見た内向きの傾向というのは今の日本の一つの傾向を端的に表している(その意味では「鎖国」という言葉は適切な言葉である)。しかし、著者が本書の後半で述べる主張からすれば、前半では文字通りの「鎖国」状態だけではなく、「居心地の良い今の環境、自分がよく知り慣れ親しんでいるものに安住したい」「新しいものを危険を冒して取りに行くよりも、既得のものを守ろう」という「守り」の心理や行動、さらに、それに対する批判に対して、むしろ「現在の居心地のよい環境や自分たちの慣れ親しんだものを積極的に肯定しよう、自分たちの良い面を見よう」という「反動」の心理や行動を、現在の日本の問題とすべきであったように思う。それほど「パラダイス鎖国」というフレーズはインパクトが強い表現なのだろうが、逆に著者自身がその言葉(特に「鎖国」の部分)に引きずられて議論がゆがめられてしまった感じだ。 

こうした歪みがあるせいなのだろうか、特に第2章は何がいいたいのかよく分からなくなっているように思われる。例えば、著者は「パラダイス鎖国」現象の本当の問題として、「海外におけるジャパン・ブランドの低下」「日本の社会の変化が遅く、外界の変化についていけなくなっていること(議論の分かれない部分にだけエネルギーを集中)」 「海外への自然なあこがれを日本人のインセンティブとすることができなくなっていること」の3点であるが、よく考えると、これらがどうして問題なのかがはっきりしない。 

       
  • 「ジャパン・ブランド」がどうして重要なのだろうか。確かに、海外で「ブランド」を確立していれば海外で売れるとは思うが、それは一部の輸出産業(特に大衆消費財)についていえることであり、必須の条件とはいえないのではないだろうかまた、これが個々の企業だけではなく、「内需中心」の日本経済全体、あるいは日本の個々人にとってどのような意味で重要なのかが分からない。個々の企業の製品のプランドを「ジャパン」という国籍と結び付けている点も安易に思える。
  •    
  • 「パラダイス鎖国」という言葉が「外界には関心を持っていなので、特に対応しなくてよいだろう」という意識のことを指すのだとしたら、「変化が遅くて外界に対応できていないこと」自体はトートロジーに近いし、そもそも日本が「変化が遅くて外界に対応できない」というのは昔から言われていたことのように思う。むしろ、このことがどのような意味で問題なのか、すなわち、外界の変化になぜ迅速に対応しなければならないのか、という点をもっと述べるべきであっただろう。その際には、この点が誰(何)にとって重要なのかという説明も必要である。
  •    
  • 「海外への自然なあこがれを日本人のインセンティブとすることができなくなっていること」という点も、かつてとの比較で現在日本が「パラダイス鎖国」になったことの説明の一つになっているに過ぎず、これが、誰(何)にとってどんな問題なのかが語られていないように思う。著者の考え方は、海外へのあこがれが日本人の労働インセンティブにかつてはつながった、そして海外へのあこがれの喪失が日本人の労働インセンティブの喪失につながっている、という議論に私には読めたが、確かにそういう関係は一部にはあるだろうとは思うものの、海外へのあこがれで人々の労働インセンティブの多くを説明するのはかなりバランスを欠いた議論のように思える。 

こうして見ていくと、筆者の議論にはある種の思い込みや偏りがあってそれが混乱を生んでいるところがあると思う。一つは、海外への憧れ(人々のインセンティブ)→輸出(海外で売れること)→日本製というブランドの確立→経済発展/国際競争力(?)というような図式を想定していると思われることである。一部にはそうした関係もあることは否定しないが、海外での日本企業の活動自体を過剰に重視していて、これですべて説明するのは経済学的に言って無理がある。日本のように内需中心の大国では、国内での経済活動の方を問題とする考え方の方が真っ当である。 

また、著者の経歴からするとやむをえない気もするが、どうしても海外で製品を売るような産業、特に携帯電話等の電機産業に偏りすぎている印象がある(あくまでも憶測だが、本書やブログの読者にも多少の偏りはあるのではないか)。上で述べたとおり、国内中心の産業(例えばサービス産業)はどうなのか。また、海外での売り上げの大きい産業といっても、電機メーカのほかに、自動車メーカはもちろん、多少地味だが素材メーカ等、世界的シェアが高い企業は日本にかなり存在する。むしろ、日本の電機業界は、モジュール化の進行の中で比較優位を失っている点もあるので、これだけをもって、現状の日本全体の問題点を語るのは十分とは言えないだろう。 

さらに、本書全体を通じてそうなのだが、日本の何について語っているのか、という点もごっちゃになっている印象がある。つまり、日本社会を構成するひとりひとりの個人(=労働者/消費者)のことか、日本をベースとする企業のことか(なお、本書で語られているのは一部の産業のみ)、それとも日本全体(マクロ経済、社会全体、あるいは国家)のことか、いずれもあまり区別されてないで論じられているように思う。しかし、これらは相互に密接に関連しているものの、これらがすべて同じ方向を向いているはずはないし、いつも同じ利害を共有しているはずもない。多様性のある社会を望む著者の主張からすれば、むしろそれらを明確に区別していくことが必要と思うのだが。 

特に第2章の議論には、他にも問題とすべき点が多いように思う(特に経済学的な視点からすると)。いちいち噛み付ける気力体力能力もないが、一つだけ例を挙げれば、「国際競争力」のランキングを使っていることである。これはいろいろと問題が多く(詳細は省くが、例えば飯田泰之『ダメな議論』(ちくま新書)第5章参照)、これを使って議論するのは不適切と思われる。この第2章に限らず、全体を通しても、議論の組み立てという点でいえば、まだまだ課題が多そうだいというのが本書を読んでの感想である。

 

3.現在の日本の何を問題と考えるべきか 

では、著者が本書の後半で述べる主張の観点から言えば、今の日本の何が問題なのか。現在の日本での様々な現象を考えるに、私は、日本が成熟した先進国となった今、様々な持てる「資源」(金融資産、物的資産、人的資本、さらには技術といったもの)を有効活用することが必要になっているにもかかわらず、それら資源を有効に活用できていないし、また有効に活用すべき術を理解していないことが一番大きいと思う。 

その一つの例は、第4章で述べられている雇用である。本書で問題とされているように、終身雇用的な慣行には利点もあるのだが、必要なところに必要な人材を配分することを難しくするという欠点もある。市場原理は以前よりも導入されており、終身雇用的な雇用慣行もかつての力は失われつつあるが、しかし今だ強固に主要企業のコア部分で継続しており、現状では、人材の有効活用という点では有効に機能していない。 

また、著者のブログで最近述べられている「成長」の話題も、結局、日本企業は持っている資源の使い方が基本的に下手であることを示しているように思う。極端に言っててしまえば、日本企業は、「できるだけ効率的にお金を儲ける」という原理に忠実でなく、手間をかけずに儲けるために知恵を絞ることをサボっているのだ、と私は考えている。 

もはやかつてのように放置していても自然と高度成長が進むような状況は望めず、資源(資産、人的資本など)が限られてきているという環境変化を念頭に置くならば、日本としては、いかにして、この限られた資源を有効に活用していくかという「術」に頭を働かすべきである。今までのようなひたすら一点にむかってひたすら頑張る(こういった姿勢がなぜか日本では美徳とされるのだが)という戦術(著者の言葉でいえば「果てしなき生産性向上戦略」)は、かつては成功したが、それを今なお皆がこぞって続けるのは能がない。まるで、日露戦争で成功した戦術を太平洋戦争でも使い続けた旧軍みたいなものである。著者が本書で主張する国内、既存の組織の資源ばかりに頼らず、多様性を増大させ、「試行錯誤戦略」も採用していくことは投資戦略としても妥当だし、またそうした途を模索していくべきであろう。そうした意味で、著者が本書の後半で述べている方向性には同意できる。「プチ変人」を含めた多様な人材を許容していくこと、気軽に転職できるようになったり外部の人材を登用できるようになったりすること、時代に合わなくなった仕組みに固執せず新たなシステムに向かうことなどは、確かに有意義であろう。

 

4. 多様性のある社会は実現するか 

しかし、目指すべき方向性があるとしても、それを実現することは別の話である。例えば、著者のいう雇用の流動化についても、かねてより主張する人は多いが、なかなか実現しない。新卒の人間にまで強い終身雇用願望が存在している現状がある。実際、雇用流動化を進めることには中立的な立場の人からも否定的な見解が示されることもある。 

著者の主張するゆるやかな開国、多様性のある社会、あるいは厳しいぬるま湯などをどのように実現するか。どのように日本をフルモデルチェンジしていくのか。ここが大きな課題である。そこは著者の考えを知りたかったところだが、残念ながら、本書はそこには触れていない。どちらかというと、こうしたものをつくりたいという願望を描いたラフな企画書・スケッチに留まっており、その実現性まで考慮したプランに至っていない。その点に本書への物足りなさをを感じたのは事実である。ただ、これが大変難しい課題であるのも事実であり、私もここで論じる余裕はない。 

しかし、それでも、「パラサイト鎖国」論を通じて、現状に感じている閉塞感を打ち破りたいと感じている数多くの個人に、それを解消する未来像を分かりやすく示している点は大いに評価できると思う。心理的な閉塞感の解消を期待させる本書には、共鳴する一般の読者は多いだろうと推測する。その意味では、新書版という手軽な媒体を通じて、日本に住む個々人の意識を徐々に変えていき、それを将来の変革へつなげていく可能性を開いたことにこそ、本書の意義があるのかもしれない。

* 著者は、ブログで「 ち なみに、読者の皆さんへのお願いです。本の感想は、ぜひ、mixiとかのクローズドな媒体だけでなく、アマゾンの書評にも書き込んでください!」と書かれ ているが、とてもAmazonのレビュー(800字)には入りきらないので、ひとまずこのブログに置いておくことにする。Amazonには別途簡潔なバージョンを書ければよいとは思っているが、本書の販売促進からいうと迷惑な書評になってしまうかも。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

海部美知『パラダイス鎖国』(アスキー新書):まとめ

先日(3月11日)の八重洲ブックセンターでのトークショーは、この本と、中島聡氏の『おもてなし経営学』の出版を記念していたものであった。その模様の概要にも書いたが、トークショーの際には本書を読んでいなかったので、さっそく読んでみた。

 

タイトルの「パラダイス鎖国」は著者が2005年の夏にブログした言葉。著者によると、

 
   

「もう日本人は海外に行きたくなくなったし、海外のことに興味がなくなったのかもしれない」と感じた。そして、その状態を「パラダイス鎖国」と名づけた。(p13)

 

現在の日本の状態を指すものとして、知る人ぞ知る言葉である(なお、同類の状態の日本を指す言葉として、「ガラパゴス化」という表現もされる)。そうした言葉を生み出した海部氏の著書として、待望の本である。

 

さて、本書の内容だが、次のとおりの構成となっている。

 
   

第1章「「パラダイス鎖国」の衝撃

   

「パラダイス鎖国」の状態の日本を示していると言える事例を紹介。海外旅行に行かなくなった日本人、邦画・Jポップの興隆と洋画・洋楽への興味の低下、海外(アメリカ)で人畜無害となってきた日本人のイメージ、携帯電話をはじめとする電機産業の内弁慶ぶり、など。

   

第2章「閉じていく日本」

   

これまでの日本のグローバル化は、2つの公式、すなわち「公式1:数の多い方が勝ち」、「公式2:グローバル・ブランドの確立と維持」によってきたが、その後の新たな公式が見つかっていない。「パラダイス鎖国」となった日本には、(1)「海外におけるジャパン・ブランドの低下」、(2)「日本の社会の変化が遅く、外界の変化についていけなくなっていること(議論の分かれない部分にだけエネルギーを集中)」、(3)「海外への自然なあこがれを日本人のインセンティブとすることができなくなっていること」、という3つの問題がある。

   

第3章「日本の選択肢」

   

アメリカは「パラダイス鎖国」の先輩であるが、各種のモデルが存在する多様性をもっており、そこに「内なる黒船」によるイノベーションベースの経済が成立している。「パラダイス鎖国」となった今の日本には、(1)これまでの「果てしなき生産性向上戦略」をとる(マイナーモデルチェンジ)か(2)新しく「試行錯誤戦略」をとる(フルモデルチェンジ)かの2つの選択肢があるが、「ゆるやかな開国」で、イノベーションベースを起こして成功する経済、「変化を先取りする体質」を目指すべき。この際、「ゆるやかな開国」とは、多様性のあるものが共存すること。そこに、「厳しいぬるま湯」を作り出し、ここから「内なる黒船」を生み出すことが必要である。

   

第4章「日本人とパラダイス鎖国」

   

イノベーションを起こすには「プチ変人」を育てて受け容れることが必要である。また、現在の日本では昔ながらの雇用慣行が阻害要因になっていることが多いが、気軽に転職できるようになったり外部の人材を登用できるようになったりすればゆるやかな開国も進む。時代に合わなくなった仕組みに固執せず新たなシステムに向かうべき。いま、多くの普通の日本人が軽やかなグローバル化を選んでいる。「パラダイス鎖国」の一番危険な点はバランス感覚をなくすこと。少しずつ開国へ向かっていこう。

 

著者が言いたいことは感覚的によく分かるものだし、個々の表現・内容を見ると特に難しいものはない。したがって、多分、多くの人は読みやすい本だと思うだろう。しかし、いくつかの事項がごちゃ混ぜになっており、また「?」と思われるようなところもあって、(意外に思われるかもしれないが)実際のところ、上のようにロジックを整理してまとめるのには思ったよりも時間がかかった。

 

そういうこともあって、本書に対する評価については、改めて書くことにしたい。→ 書評(3/23)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

先月、他に読んだ本

最近、書評のエントリーが多くなっているが、読んだ本すべてについて書評を書いているわけではない。先月は、たとえば、次の本を読んだ。

  まず、坂野潤治「未完の明治維新」(ちくま新書)。

未完の明治維新 (ちくま新書 650) 未完の明治維新 (ちくま新書 650)

著者:坂野 潤治

販売元:筑摩書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 

著者は日本近代政治史の学者で、田原総一郎との対談等も出している人。大正~昭和前期の歴史家というイメージを勝手に持っていたのだが、本書は明治維新期(1864-1880)の政治の図式を扱っている。簡単に言うと、明治維新の構想は、4つほど異なったものがあった。それは、 

       
  • 強兵論(幕末は佐久間象山に始まり、西郷隆盛らに代表される)
  • 富国論(幕末は横井小楠に始まり、大久保利通らに代表される)   
  • 議会論(幕末は大久保忠寛に始まり、板垣退助らに代表される)   
  • 憲法制定論(木戸孝允らに代表される) 

の4勢力である。これらのせめぎ合いで明治維新期の政治は動く、というほど単純な説明ではないが、本書は、これらの4つの基本構想に基づいて幕末~明治初期の政治を整理しており、私にとって政治的な動向がやや分かりにくかった時期に対して良い見通しを与えてくれた。

 

もう一冊は、 小島毅「靖国史観」(ちくま新書)。

靖国史観―幕末維新という深淵 (ちくま新書 652) 靖国史観―幕末維新という深淵 (ちくま新書 652)

著者:小島 毅

販売元:筑摩書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 

  本書も歴史学者の手によるものだが、とかく問題となりやすい靖国問題について、他の書物とは別の角度から、靖国神社とは元々な存在なのかを明らかにしている。具体的には、 

「国体」「英霊」「維新」 

という、靖国神社に関係する3つの語の意味を明らかにしながら、靖国神社がどういったものかを明らかにしている。新しく知ったことも多く、靖国神社について良い視点を提供してくれたように思う。(そういえば、本書でも触れている三土修平氏の靖国本(以前、大澤真幸氏が評価していた)は積読のままである。) 

これらについては書評を書く余裕がなかったのだが、良書と思ったので、記録としてここに載せておく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

書評:改めて「すごい製造業」(中沢孝夫著、朝日新書)について

この本については、以前書評をこのブログで書き、それとほぼ同じものをAmazonのカスタマーレビューに書いた。あまりに安易に日本の製造業を礼賛するばかりの文章で、辟易して、少々怒りをこめて書いたのだが、さきほどAmazonのレビューをみたら、10人中このレビューが参考になった人は0人(!)ということが判明した。

 

まあ、上記のごとくで、割と粗雑に書いてしまった文章であるので、今にして思えば、参考になると思う人が少なくても仕方がないとは思うのだが、本書については他に2つのレビューが載っていて、それらがともに★5つをつけているのには、正直いって驚いている(しかも、これらレビューを参考にしたと評価した人ばかりである)。

 

それを引用させていただくと、一つ目は、

 
   

売れ行きが好評なようでうれしい。それだけ関心が高い主題を扱ったということだからだ。と同時に、製造業の中でリーダー的な立場にある企業の事例を散りばめて自社の取り組みに参考になると思えるから購入するのだろう。本書をどう生かすかは、読者の器量と努力にある。日本には「すごい製造業」がまだまだたくさんある。ただし、それらの企業が東アジアの企業と連携して国内の企業成果が上がっていることも忘れてはなるまい。      
日本の製造業のすごさを人材育成力にみる著者の視点は正しい。      
(中略)

   

『日本は没落する』とかいった本がベストセラーになり、カスタマーレビューも多く寄せられているような風潮は転換させる必要がある。

 

というもの。もう一つは、

 
   

製造業、とりわけ中小のものづくり企業は地味である。ソフト系、情報系の会社や一部のサービス業とは対照的だ。しかし、華やかな会社に就職すれば活躍できるとはかぎらない。まして、そこで働くことが幸せだという保証はない。本書は、地味だけれどもやりがいのある中小製造業の魅力を余すところなく伝えてくれる。      
ものづくりに関する本の多くは経営学者によって書かれたものである。それに対して本書は、現場を知り尽くした評論家であり学者でもある著者によって書かれたものであり、行間には著者の直感的な理解や深い洞察があふれている。

 

というもの。

 

これを読んで、再び頭を抱えてしまった。なぜこんなべた褒めの言葉を臆面もなく書けるのだろう?正直にいって、大変心配な気分になった。

 

評価の根拠については、以前の書評にはちゃんと書かなかったので、今回書いておこうと思う。

 

まず、これは前の書評でも書いたつもりだが、私は、本書に書かれているような、日本において多くの製造業の現場に強みがあることを否定するつもりはない(人材育成を含めて)。ただ、日本の製造業の現場の強さ(中小企業における強さを含む)については、何もこの本によらなくても既に知られていることであって、別に本書に高評価を与える理由にはならない。本書に書いてある例を知っていたわけではないが、これだけで本書に星5つを付けるほどのものとは思えなかった。

 

それよりも本書で非常に問題だと思うのは、一部の現場を取り上げるだけで、「日本はこんなすぐれた現場があるから大丈夫なんだ」という安直な楽観論を、具体的な根拠もなく本書全体を通じて語っていることである。 これは論理性が欠如しているだけでなく、現在の日本の問題を覆い隠そうとするものである。

 

まず、論理的にいえば、日本のある製造業の現場をみてこれは凄いというものがあったとする。しかし、日本には、これ以外に、すごくない製造業の現場もたくさんあるだろう(少なくとも論理的にはありうる)し、サービス業の業務もある。したがって、日本全体として現場がすごい、という命題は、本書から読み取ることは不可能である。また「現場が凄いこと=日本が大丈夫」という命題を理由もなしに説明されている。これでは、論理もへったくれもあったものではない。前の書評では「牽強付会」と書いたが、それはこのようなことを指している。「すごい製造業」という一部のミクロの事象をみて、大きな日本全体のマクロの事象の将来を語っているからだ。これは論理として致命的な欠落ある議論といわざるを得ない。大学教員がこのようなずさんな論理を展開してよいのだろうか?

 

また、現実に、日本の民間部門は少しも大丈夫だと安心できる状況にはない。現在の日本経済が直面している生産性の低さという、数字に裏付けられた現実を著者はどう考えているのだろうか。日本の生産性は他の先進諸国に比べて著しく低く低迷しており、特に、本書で扱っている製造業よりもサービス業の生産性が低い(先進国ではGDPの中でサービス業の比重が高まるのが通常であり、日本もその例外ではない)。「生産性が低い」ということは、経済成長率が低くなる、ということである。サービス業の比重が高まらざるをえない今、生産性の低い現状が問題でない訳はない。日本として深刻に考える時期にあるのだ。そうした時に、「製造業があるから日本の将来は大丈夫だ」という言説を聞かされてもまったくのピントはずれの議論にしか聞こえないだろう。著者のいう「すごい製造業」は日本に存在しているが、それは以前から存在しているのだが、それは問題の解決になっていないのである。劣った製造業の現場、サービス業の現場等がむしろ沢山あるはずで、そこには目をつむって、見栄えのよい所だけを語って日本全体について楽観できるという議論を振りまくというのは、明らかに偏っているし、読者に重要な問題を覆い隠すものではないか。

 

要するに、こうした状況にあって、本書のような根拠のない楽観論を振りまくのは、拠り所を求めたい人々を安心するだけにとどまり、むしろ問題を隠す働きをしてしまう。その意味で、大いに警戒すべき議論なのだ。

 

以上から、本書の評価が低いのはやむを得ない。すぐれた現場を紹介することに意味はないわけではないであろうが、本書はそこで終わるべきであった。また、そこにとどまらず、問題の多い現場、サービス業、そうした分野について目をつむらずに書くべきであった。しかし、著者は「日本は大丈夫」という、まったく安易で偏った楽観論を振りまいている。

 

著者は、大学教員である。大学教員たる者が、自分の「信念」ばかりをを語り、論理性の欠いた根拠のない日本楽観論を振りまくのはいかがなものか。また、本書に好意的なレビューをする人々は、安逸な気分に浸りたい人たちなのか。私は日本没落論を支持する者ではないが、日本楽観論も支持しない。著者やレビューワには猛省を求めたい気分である。

 

##Amazonの書評のほうも修正しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

書評「漢字を楽しむ」(阿辻哲次著、講談社現代新書)

漢字を楽しむ (講談社現代新書 1928) 漢字を楽しむ (講談社現代新書 1928)

著者:阿辻 哲次
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

書店に行って新書コーナにいったところ、たまたま平積みになっていたので、手にとって眺めたところ面白そうだったので、思わず買ってしまった本である。漢字の読み、書き、そして生成に関し、素朴ではあるが言われてみれば不思議な点について、漢字の専門家である著者が例を挙げながら説明している本である。

 

「漢字を読む」「漢字を書く」「漢字を作る」の三章構成であるが、一番おもしろかったのが第二章の「漢字を書く」。学校のテストで、別の漢字と間違えられる可能性がない場合でさえ、漢字の「ハネ」や「ハライ」が間違っている、あるいは筆順が違うなどの理由で誤答とされたり減点されたりする例があるし、この点で特に厳格な先生もいるようだ。しかし、著者はいう、「その先生は教育に「きびしい」のではなく、漢字に関する正確な知識がなく、どのように書くのが正しいのか自信をもって指導できなから、単に教科書や辞書などに印刷されているとおりでないと、安心して「正解」とできないだけののことなのです」と。そして、ハネるハネないについて、「環」の下のところ(ハネると誤りにする先生がいる)を例にとり、清の康煕帝が命じて策定させた字書でも、戦前の日本の活字の見本でもハネがあったこと、戦後ハネないようになったのは「当用漢字字体表」でたまたまハネがなくそれが印刷字体になってしまったからに過ぎず、印刷と手書きは違っても構わないこと(政府の作った「常用漢字表」も容認)を明らかにしている。筆順も、慣習に過ぎず、文部省が昭和33年に一つの手引き(これと異なる筆順もOKと明記)として策定したものが、同様の著述がないために、いつの間にか絶対化されてしまったものにすぎないことを明らかにしている。要するに、漢字のハネや書順にうるさい教師たちは、自信が持てない自分の拠り所を「権威」に求めたに過ぎないわけだ。

 

このほか、漢字の中には、歴史的にみても、権力者のこじつけや気まぐれで作られたものがあること等、いろいろな「雑学」が楽しめる。この本で感じるのは、漢字というものは、一つのルールに従わなければならない堅苦しいものではなく、もっと柔軟に使ってよいものである、ということだ。タイトルが示すとおり、気楽に読める本となっているので、気が向いた時にパラパラと読んでみてもよいだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

書評「iPhoneが日本に上陸する日」(山根康宏著、技術評論社)

iPhoneが日本に上陸する日 iPhoneが日本に上陸する日

著者:山根 康宏
販売元:技術評論社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 

本書は、iPhoneという魅力ある携帯端末の登場を受け、その魅力を述べるとともに、これを日本で利用するに当たって多くの障壁があることを示すことを通じて、垂直統合型の日本の携帯電話ビジネスの問題点を上手くあぶりだしている。

 

iPhoneについて書かれた書物は既に何冊か存在する(例えば林信行「iPhoneショック」)が、本書がこれらに比べて良いと思われるのは、通信事業者やメーカのサイドから企業経営や戦略等を論じるというよりも、ユーザの視点をメインに、iphoneの可能性とオープン化の利便性、日本の携帯電話ビジネスモデルの弱点を明らかにしていることである。すなわち、日本企業の採用してきた垂直統合型モデルに一定の理解を示しつつも、時代の流れは日本以外で採用されているオープン化(iPhoneはその下での利用を基本としている)であり、ユーザの立場からもオープン戦略が求められる、としている(なお、最終節の表題が「日本的垂直統合モデルの長所を生かせ」となっているが、中身を読むと垂直統合モデルからオープン化への方向を求める内容になっている)。顧客が求める商品・サービスの提供が重要となっている現在、本書のようにユーザからの視点から論ずることは、iPhone、そして携帯電話ビジネスを語るに当たりより相応しいアプローチであろう。

 

日本でのiPhoneの可能性については、iPhone登場時に通信方式の相違だけを問題として指摘する浅薄な記事も見られたが、本書はそれにとどまらずに様々な障壁を挙げている。その他、日本では海外と異なりメーカーよりも通信事業者が強い、垂直統合モデルをとっている、日本メーカーは海外で弱い等、業界に多少でも詳しい人によく知られた内容も多く書かれており、内容的に物足りない部分がないとは言えないが、そうでない一般ユーザにも比較的分かりやすく携帯電話ビジネスのモデルが説明がされており、読んでおいてよい本に属すると思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

書評「訳せそうで訳せない日本語:きちんと伝わる英語表現」(小松達也著、ソフトバンク新書)

訳せそうで訳せない日本語 きちんと伝わる英語表現 (ソフトバンク新書 62) 訳せそうで訳せない日本語 きちんと伝わる英語表現 (ソフトバンク新書 62)

著者:小松 達也
販売元:ソフトバンククリエイティブ
Amazon.co.jpで詳細を確認する

英語を使う時に手元に必ず置いておきたい良書

 

私は日本人なので、英語を使う(書く、話す、和文を英訳する等)にも、どうしても日本語の感覚で考えているところがある。そうした時に、この日本語をどのような英語(単語、熟語)で表現したらよいのか、迷うことが多い。たとえば、「まとめる」、「本格的な」、「しかたがない」、「がんばる」・・・。特定の文脈でこれらにピタッとはまる英語というのはなかなかすぐには思いつかないものである。

 

そうした時に本書が役に立つ。本書は、50年間通訳業を続けてきた著者が、長年の経験の中で、こうした英語に訳すのに苦労した日本語(80語弱)の例を集めてまとめたものである。これらの日本語ひとつひとつについて、それに相当するいくつかの異なった英語の単語・熟語がすべてそれぞれの実際の用例付きで載っている。たとえば、「まとめる」であれば、to agree on, to compile, to complete, to draft, to finalize, to organize, to prepare, to put together, to work outが載っているが、これはまとめる対象によって使うべき動詞が異なってくるのである。どの場合に何を使うべきかについても書かれている。

 

仕事で英語を使うことがあるので、こうした本が前から欲しいと思っていた。もちろん和英辞典を使う手もあるが、かならずしもピタッとくる用例が載っているとは限らないし、どのような場合にどの語を使えばよいかも十分に書いていない。そうした意味で本書はすぐれものである。ここに載っている日本語だけで足りるというわけではないかもしれないが、英語を使う時には手元に置いておきたい本である(もちろん本書の内容をすべて覚えられればそれが最善だが・・・)。80語弱以外にコラム的に載っている「ワンポイント通訳」もおすすめである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

書評『IT産業崩壊の危機』(田中克己著)

IT産業崩壊の危機―模索する再生への道のり IT産業崩壊の危機―模索する再生への道のり

著者:田中 克己
販売元:日経BP社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

日経コンピュータ誌等のコラムを再編集したものである。IT産業(ITベンダー会社やITサービス会社、ソフト開発会社等)の近年の「苦境」が説明されている。大手ベンター(NEC、富士通、日立等)をはじめとする業績の低迷、輸入製品・技術への依存、ソフトの不具合、過酷な労働実態、技術レベルの低下・・・、さらに政府からも見捨てられつつある・・・。

 

こうしたIT産業の現状を一般の読者に知らしめるという意味では本書に意義はある。 ただし、肯定的な評価ができるのはここまである。全体にわたる印象として、日本のIT業界についての目に見える現象をひととおり集めているが、既存の文章を集めたもので読みにくい上に、業界先にありきの発想で表面的な議論に終始しているだけで、問題の原因に対する十分な洞察が全く見られず、読んでいて強い苛立ちを覚えた。IT業界はこうした発想でこれまで様々に取り組んできたものの、結局のところ「苦境」を克服できてないではないか。

 

本書を読んでも分かるように、日本のIT企業は、資金、労働、技術といった資源を投入している割に利益が上げられていない。そして、価格競争の中で無理に利益を上げようとして、SEなどに無理な労働をさせている、そのために品質が確保できないし、人材も集まらない。余裕もないから、研究開発等への投資も十分に行われない。海外企業に比べても劣る。日本のIT産業の姿はそのように見える。

 

これは、端的にいえば、日本のIT企業は、海外企業に比べても、その事業に優位性がない上、市場に居座ろうとして様々な問題を惹起している、ということである(こうした状況になった大きなマクロ経済的背景としては日本経済を長年覆っているデフレの影響もあると思うが、それはここでは横に置いておく)。こうした利益が上がらない状況であれば、経営者(あるいは株主)としては、撤退や事業の売却等を考えるべきではないのだろうか。コスト面でも品質面でも優位にある外国企業に任せるべきではないのではないだろうか。そうすることが、過酷な労働を強いられるエンジニアにとっても、そして日本経済にとっても良いことなのではないのだろうか。少なくとも、そのような状況で明確な見通しが持てない現在、日本の人材、資金等をこれまで通り日本のIT産業に投入すべきというのは、企業にとっても日本経済にとっても良いことか、疑問に思って然るべき。

 

しかし、今のところ撤退等の戦略をとる日本のIT企業はそれほど表にあらわれてきていないように見える。そのような選択がなされてない原因としては、資本市場のガバナンスが効いていない、労働者の保護が遅れている、などが考えられる。それに加えて、確かな見通しがないにもかかわらず、(成長産業だ、基幹産業だとのイメージもあるのだろう)IT事業をなんとか成長させなければならない、という日本の業界の発想に凝り固まっていることも一因としてあるのではないか、と著者の文章を読んで感じるのである。

 

本書での著者の議論が致命的なのは、「日本のIT産業はなんとか発展させなればならない」という業界中心の発想からまったく抜け出ていないことだ。それが端的に表れているのが、『「国産ITを育てる施策が必要か、不要か」と単純に質問されれば、誰もが必要と答えるだろう』(p37)という文章である。しかし、そんなことはまったくない。筆者は不要派である。そもそも、なぜIT産業を海外企業に任せてはいけないのだろうか?なぜ輸入技術に頼ってはいけないのだろうか?これまでも国内IT産業の発展のため所管省庁が行ってきた施策により事態がどれだけ改善したのか?ユーザとしては国産でなくても全く困らないのではないか?およそ経済合理的な限り、そうしてはならない理由は見当たらないのではないか?

 

にもかかわらず、国産ITに固執するのは、経営者として合理的な思考の結論ではない。むしろ、かつての成功者としての面子へのこだわり、あるいは現在の職を失うことへの強い恐怖心によるのではないのかと想像される。環境が変化し、自分たちがこれまで食べてきた体制がそれに適応できなくなったにも関わらず、体制をなんとか維持しようとしてもがく姿に見える。だが、それは、例えば、農産物自由化をおそれる日本の農業団体の姿であり、1980年代に日本車に押されていたアメリカの自動車メーカーの姿と同じではないか、と思わないのだろうか(ちなみに日本の農業も、米国の自動車メーカはますます低迷の度を増してきたのは言うまでもない)。 どうやらIT企業も、これらと同じような発想で語られるようになったようだ。

 

このように、国産にこだわり、不採算なIT事業からの撤退をオプションとして考えていない姿勢は、マイナスの効果しか生み出さないのではないか。撤退しなければ、他の産業で有効に活用できる資源を、採算のとれない事業に投入する、あるいは、エンジニアに過酷な労働を強いる、日本経済全体からみれば、人材や資金、技術を有効に使えない、ということにしかならないのではないか。

 

本書の提言に目新しさはなく、これで明日が切り開けるとは思えない。著者と同じような業界中心の発想から、IT産業の発展のために、これまで様々な施策が業界を所管する省庁によって講じられてきた。採算性の悪い産業に対して、成功するかどうか分からない新事業等に公的な支援が与えられてきた、しかし、これまでの経験からいえば、これらの政策によって、事態がいったいこれまでどれだけ自体が改善しただろうか。これまで問題の解決になってこなかった現実を著者はどう見るのだろうか。

 

利益の上がる事業をやらないとだめだというのは当然である。あまりに当然過ぎてあえて言う必要性がないことだ。問題はどの事業が利益があがるかということであるが、それが予めわかれば苦労はしない。少なくとも結果を見れば日本のIT企業の経営者たちの決断は正しいものとはいいがたいが、それでもそこは経営者の才覚に任せる話であって、政府の施策で対応するのは筋違いである。本書には、そうした点への配慮は見らず、安直に政府の施策を含めた弥繕策を述べているだけである。

 

結局、IT企業に対しては、付加価値を上げる、付加価値があげられない事業は行わない、ということに尽きる。どの事業に投資するかは各企業の判断である。適切な判断ができない企業には撤退してもらう、ということである。著者は「IT産業は見捨てられた」と嘆いている。「見捨てる」「見捨てない」という特定の価値観に偏った言葉で表現するのは不適切極まりないが、IT産業を突き放す態度こそ日本経済全体にとっても最も適切である。

 

いま求められているのは、著者のように「一国の業界の在り方をどうするか」と内向きの発想で物事を考えることではないはずだ。重要なのは、本書の論ずるように国産ITを育成して業界の発展を図ることではなく、個々の企業が自らの判断で経済合理性に従い柔軟に対応することではないかと思うのだが、どうだろうか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)