思想・哲学・社会

某対談

1か月ほど前に本ブログでアップした某講演(?)がきちんと対談の形で行われた。以下はその大雑把な(したがって正確性は保証しない)内容である。

   
   

グローバリゼーションが(国内の)格差を拡大しているとの見解があるが、もはや企業活動は国内で完結しなくなっており(逆に国際的な格差は縮まっている)、国内で再配分をするモティベーションはなくなっている。

      

日本では、かつては何が公共的なものかの線引きが自明であった(共通感覚があった)。その下で再配分が行われてきた。しかし、今やそれは自明でなくなり、失われた共通感覚をルールで埋め合わせようとしている。

   

日本では、かつて警察が関与しなかったようなところにまで警察が関与するようになってきている(国家の暴力の対応領域の拡大)。それに対応して、(それまで警察が利用してきた)ヤクザを排除するようになっている。

   

これは、米国も同じ。冷戦時代は、ソ連に対応するため、周辺国の非合法のゲリラ(例:コントラ、アルカイダ)を支援していたが、冷戦後不必要になって手を切ろうとした。

      

このような反近代的な「中間集団」があったとしても、ある種適合的になら擁護しても構わない、というのも近代主義の一種。

      

要は暴力のコントロール可能性。共同体的であろうが、制度的であろうが同じこと。しかし、最近は、これら中間集団をきれいにしようという特徴がある。

      

反近代的なものを国家が利用した歴史があるが、これを新自由主義的に断ち切ることを要求することは正当化してよいか、という問題がある。

      

理念よりは実態で判断すべきだろう。現在は、先の例でいえば、ゲリラの代わりに民間軍事企業によっている。セキュリティ産業も生まれている。

   

ルールでの埋め合わせだが、日本ではルール主義が実現したことがなく、ルールを求めると規律社会でなく管理社会になってしまう。日本ではフーコー主義的な生権力を擁護するしかない。    

   

最近の宗教的なものへの回帰をどう考えるか。ヨーロッパの近代主権国家では、国家と宗教が分離。しかし、アメリカはつねに例外的存在。主権国家が成立した欧州を逃れ信仰の自由を求めて新大陸にきた人々。そして、植民地(=領土)を持たず、経済システムで他国を支配し、覇権を握った(植民地は、領土と支配権の一致の思想に基づくものであり、主権国家的性格のあるものである)。このアメリカの派遣モデルが、脱植民地後のグローバリゼーションのモデルになっている。

   

アメリカでは、もともとpurisum(純粋主義)を志向する人々が集まってきたところ。宗教が細分化していった中でこれらの共生を図る(共和主義)ために政府が存在してきたと言える(市民宗教、アメリカ的な国家と宗教の二元論)。したがって、反領土的・反主権的であると同時に、理想に重きを置きがち。しかし、こうしたpurismを否定すると市民宗教も否定することになるし、その原理に基づいているようなグローバルなNPO活動も否定されることになる。したがって、アメリカのヘゲモニーで回るしかないところがある。

   

国家をなくせる可能性はない。この外へ出るようなラジカリズムはありえない。うまく管理するシステムを見つけるしかない。アメリカ的なものを前提としながらそれを改良していくしかない。

   

グローバル企業から見える風景が依然と違ってきた。かつては社会を温存するものが国家であった。今やグローバル企業からすれば、社会を温存する必要はないが、ルール違反を合法的に取り締まり、ルールを貫徹するために国家は存在してもらわないと困る。国家への要求がこれら企業と国内の下層の人々では異なるようになっている。

   

   功利主義の克服に向けて、ニューディール政策がすすめられたが、それが回り始めたときに、パーソンズは「社会化/内面化」という概念を打ち出した。(フーコー的な生権力によって)「社会化/内面化」が生み出す「内なる光」に従って個人が行動することによって社会に秩序が出来上がることになる。それは否定できないし、むしろ、それが円滑に動くようにソシャル・デザインをしていくべき(これは功利主義の延長線上にある)。

   

ホッブス的な暴力が暴力なくして実現できるようになった。暴力むき出しは良くないので、この点で規律訓練的なものをフーコーは頭から否定していない(フーコーが否定しているのは、規律権力的なものを使いながら自分たちの法の建前をかなぐり捨てていること)。その点で、パーソンズと近い。

   

コントロールしていこうという発想はアメリカルーツのものが多い。これを二元論的に是か非かをいうことに意味はなく、それを利用していくしかない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

某講演(?)

某所某日、本来の意図とは違って、急に講演することになってしまった某氏による、その講演の概要。

 

・グローバリゼーションを単なるヒト、モノ、カネ、情報が国境を越えたものと捉えるだけでなく、誰がヘゲモニーをとるかという視点で見ないといけない。

 

・1970年代、80年代に日本製品が世界を席巻し、アメリカが製造業から撤退。これに対応して、アメリカによるグローバリゼーションが登場。これは、(1)ルールやシステムを変える(例として、国際会計基準、日米構造協議)、(2)株式等によって自ら生産に携わらなくても生産をコントロールすることができる、というもの。

 

・このようにみると、グローバリゼーションをナショナリズムと対比することは適当でない。国家の暴力の対象は、かつての「帝国主義」の時代は土地という具体的なものだったが、今(「帝国」の時代)やルール、システムという抽象的なものになっている。(これについて、理論的な観点から、ドゥールーズ=ガタリの「平滑空間」と「条理空間」の概念による説明あり)。

以上

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東浩紀・北田暁大対談

一昨日になってしまったが、東・北田の対談を聴きに行った

標題として「現代思想の再生-ポストモダニティと公共圏」とあったが、実際は、両氏が共同編集してNHK出版から2008年4月に創刊される雑誌『思想地図』の趣旨等を語るものであった。配布されたパンフレットには、以下のように記述されている。

ゼロ年代の現代思想を俯瞰し、その限界を突破!
来たるべき10年代の知的な羅針盤を作るために、
そして、もういちど思想の力を信じられる時代を作るために、
新雑誌『思想地図』、NHKブックス別巻として2008年4月創刊。
編者は、批評界のトップランナー・東浩紀と気鋭の社会学者・北田暁大。
第一号の特集は「日本」。刮目して待て!

『思想地図』①
・巻頭言「2008年の思想地図」:東浩紀十北田暁大
・創刊シンポジウム「国家・暴力・ナショナリズム」:萱野稔人+白井聡十中島岳志+東浩紀十北田暁大
・特集「日本」:伊藤剛 川瀬貴也 黒宮一太 呉咏梅 白田秀彰 芹沢一也 高原基彰 中島岳志
韓東賢 福嶋亮太 増田聡の論文、そして公募論文2点!
・鼎談 国家論と日本 萱野稔人+東浩紀+北田暁大 (内容は変更になる場合があります。)

勝手ながら、両氏の対談の内容としてポイントとなりそうな点をラフに述べると、
・(赤木智弘氏等の名を挙げつつ)今は即効性のある言説が求められているが、抽象的な思想/批評も必要。そうした抽象度の高いもの、思考実験を扱う「場」をつくりたい。
・かつてサブカルを語ることと現代思想を語ることは等価であったが、90年代にそれをつないでいた政治的なもの(現実との接点を持っていた)が薄れ、サブカルと現代思想を媒介するものが失われた。そうした政治的なものを再興したい。(この点、「批評空間」は現実との接点を失い、実感派に負けて失敗した)。
・『思想地図』第1号のテーマを「日本」としたのは、①サブカル、オタクが「クールジャパン」として持ち上げられることに対して批判的に考えてみたい、②最近の議論には高度成長期へのノスタルジアみたいものがあるがこれについても考えたい、ということから。
・グローバリゼーションの時代だが、日本語の読めない外国人が(日本での日本語で書かれたサブカル論を全く知らずに)アニメ等を論じている。これには我々にも責任がある。英語圏にわれわれの考えを伝える努力をしてきたか?(ただ、こうした現象は、日本だけでなく多分世界中で起きていることだろうと思う)。『思想地図』は日本語だが、日本の論点を日本語で書くことで、普遍的にする回路ができないだろうかと思っている。
・第2号のテーマは「世代」。日本では本当は「社会対立」の問題なのにそれが常に「世代対立」の問題にされてしまう。そのこと自体を問題としたい。

なお、Q&Aの時間に、同誌の公募に落選したと思しき方々がその理由を質問していたのは御愛敬。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

追記

一週間前の神成・宮台トークショーについて、一つ書こうと思って忘れていたことを思い出したので追記。
私が聞いて良いと思ったのは、「数々のIT現場で多彩な実績を積み上げ」た神成氏の言った「私はITが嫌い。理想はITを使わないこと。最初はITなしに何しようかを考えること」という発言です。長年ITに関連する仕事をしているにもかかわらず、世で喧伝されるITに関する様々な謳い文句に大きな興味を持てない私は、まったくの同感で、はたと膝を打ちましたね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トークショー「計算不可能性を設計する」

 勤務時間終了後、職場をそそくさ出て、神成淳司×宮台真司「『計算不可能性を設計する』刊行記念トークショー」@丸善丸の内店へ。やはり、というべきか、聴衆のほとんどは20代30代くらいの人たちで、会場はほぼ一杯。さすが宮台教祖といったところでしょうか。

 1時間半という比較的短い時間の中で、トークはあっちこっちの話題に飛ぶので、書籍の対談にあった主要な内容が網羅されていたわけではなかったように思います(もっとも、書籍の方もトーク同様にいろいろな話題に触れており、それを数日空けては少しずつ読んでいったので、自分がどこまで内容を把握しているか怪しいですw)。

 ネットでも中継されていたこともあり、たぶん誰かが詳しい内容は書いてくれるのでしょうが、自分なりに(「まとめ」と言いたいところですが、うまくまとめるほどの力もないので)勝手にかいつまんでいくつかの点を述べると、

  • 日本のIT業界は、現場を知らず、(ユーザとの)感情の前提の共有なしに情報システムを作ってしまっているため、出来上がったシステムはフィットしたものになっていない。みな儲からず、仕事場も3K化しているのが現状。
  • ITは人件費の高くすべてを人間がやることが不可能である日本のような国では不可欠であり、感情の前提の共有を増やすことは可能。
  • ユビキタスといわれるがは、アマゾンに見られるように、情報の遍在というよりも情報の偏在がおこり、人々の選択肢を減らしているが、こうした中で幸せをどう設計していくかが問題(教育の問題)。

といったところでしょうか。全体として第一点目に挙げた点についての話が多く、最後の点については、時間切れで、あまり触れることができなかったように思います。今後も、今回のように二人で対談される機会があるようなことを言っていたと思うので、続きはそこでということでしょう。

ちなみに、トーク終了後、急いで帰宅、トークで宮台氏も触れたNHKスペシャル「30代のうつ~会社で何が起きているのか~」を視聴しました。自分自身は幸いそのような状態に追い込まれたことはありませんが、自分の周囲でもうつになってしまった人を過去何人か見ており深刻な問題となっているので、興味を持ってみました。感想等は別の日に触れることがあるかもしれませんが、いったんうつになった人の職場復帰の大変さを考えると、当事者のみならず、企業、そして社会全体にとっても、大きなロスであることは間違いありません。一面的な解釈でしょうが、十分に開放的とは言えない日本社会(国全体、そして各企業)、流動性の低い労働市場、年功序列、デフレ、少子高齢化等々の様々な要因が、サービス残業という形だけでなく、うつという形で働く人々にしわ寄せを及ぼしている、ということもいえるのでしょうね。そして、そうした状況を強いてきた企業自身にとっても負担として現実に跳ね返ってきているということなのでしょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)