« 前回、否決された国会同意人事(昭和26年) | トップページ | 海部美知『パラダイス鎖国』(アスキー新書):まとめ »

日銀総裁・副総裁人事(続)

衆参両院は11日、議院運営委員会をそれぞれ開き、政府が次期日銀総裁候補として示した武藤氏と、副総裁候補の伊藤氏、白川氏への所信聴取と質疑を行った。これを受け民主党は党内の意見調整に着手。財務金融部門会議では、武藤氏について「金融の経験は日銀で副総裁を務めた5年間だけだ」などの反対論が相次いだ。伊藤氏についてはインフレ目標政策を掲げていることを問題視し異論が出た。

毎日新聞 2008年3月12日 東京朝刊

だ、そうである。溜息しかでませんね。経済板@いちごの次期日銀予想スレでのドラ氏のコメント:

>803: ドラエモン 2008/03/15(Sat) 19:12

だが、伊藤T氏を拒否するということは、もう経済諮問会議にメンバーになるような奴は今後は人民の敵と認定するという意味。これじゃあ、ミンスのアドバイザーになったりすると、今後は政府・自民党から公職就任をパージされても文句は言えなくなる。たとえば、浜田先生とか、小宮先生みたいな政府の機関で研究所長という政治任命のポジションに着くことを、かつてミンスのアドバイザーやったと言うだけの理由で拒否されても文句言えなくなる。こんなことしてると政策志向の強い学者は誰も寄りつかなくなるわなぁ。

でしょうね。それに加えて、政党色が強い「学者」が逆にたくさん出てきそうな悪寒。

|

« 前回、否決された国会同意人事(昭和26年) | トップページ | 海部美知『パラダイス鎖国』(アスキー新書):まとめ »

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/422027/11398859

この記事へのトラックバック一覧です: 日銀総裁・副総裁人事(続):

« 前回、否決された国会同意人事(昭和26年) | トップページ | 海部美知『パラダイス鎖国』(アスキー新書):まとめ »