« 中島聡氏×海部美知氏 トーク | トップページ | 前回、否決された国会同意人事(昭和26年) »

日銀総裁人事

あきれてモノも言えない。特に、民主党が、武藤氏はともかく、伊藤隆敏教授にNoとは全く理解に苦しむ。学者と言ってもいろいろいるが、インフレ目標を含め、まともなことを言っている先生なのに。

 

もちろん、このような泥仕合にわざわざしている点では、自公与党も同罪。武藤氏に野党に反対するのが分かっていて改めて出すのだから。武藤氏しか総裁候補がいないなんてことないであろう。党利党略の極みである。

 

総裁に誰がなるのではなくて、総裁が何をするのかが問題なのではあるが、それでも経済政策ではあんたら国会議員よりも日銀総裁の方がはるかに重要なのだ(それが国際的スタンダード)から、真面目にやれよ、といいたい。もっとも、これが日本の国会議員のレベルなんだ・・・と考えるとorg。世界が注目しているのに恥ずかしい、情けない、という感覚は欠如しているのだろう。これも「パラダイス鎖国」の一例か。

 

##もちろん、こうした泥仕合の状況が生まれるのは、制度的な要因が背景にあることにも留意しておく必要がある。

|

« 中島聡氏×海部美知氏 トーク | トップページ | 前回、否決された国会同意人事(昭和26年) »

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/422027/11191668

この記事へのトラックバック一覧です: 日銀総裁人事:

« 中島聡氏×海部美知氏 トーク | トップページ | 前回、否決された国会同意人事(昭和26年) »