« 書評「iPhoneが日本に上陸する日」(山根康宏著、技術評論社) | トップページ | ウグイスが今 »

書評「漢字を楽しむ」(阿辻哲次著、講談社現代新書)

漢字を楽しむ (講談社現代新書 1928) 漢字を楽しむ (講談社現代新書 1928)

著者:阿辻 哲次
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

書店に行って新書コーナにいったところ、たまたま平積みになっていたので、手にとって眺めたところ面白そうだったので、思わず買ってしまった本である。漢字の読み、書き、そして生成に関し、素朴ではあるが言われてみれば不思議な点について、漢字の専門家である著者が例を挙げながら説明している本である。

 

「漢字を読む」「漢字を書く」「漢字を作る」の三章構成であるが、一番おもしろかったのが第二章の「漢字を書く」。学校のテストで、別の漢字と間違えられる可能性がない場合でさえ、漢字の「ハネ」や「ハライ」が間違っている、あるいは筆順が違うなどの理由で誤答とされたり減点されたりする例があるし、この点で特に厳格な先生もいるようだ。しかし、著者はいう、「その先生は教育に「きびしい」のではなく、漢字に関する正確な知識がなく、どのように書くのが正しいのか自信をもって指導できなから、単に教科書や辞書などに印刷されているとおりでないと、安心して「正解」とできないだけののことなのです」と。そして、ハネるハネないについて、「環」の下のところ(ハネると誤りにする先生がいる)を例にとり、清の康煕帝が命じて策定させた字書でも、戦前の日本の活字の見本でもハネがあったこと、戦後ハネないようになったのは「当用漢字字体表」でたまたまハネがなくそれが印刷字体になってしまったからに過ぎず、印刷と手書きは違っても構わないこと(政府の作った「常用漢字表」も容認)を明らかにしている。筆順も、慣習に過ぎず、文部省が昭和33年に一つの手引き(これと異なる筆順もOKと明記)として策定したものが、同様の著述がないために、いつの間にか絶対化されてしまったものにすぎないことを明らかにしている。要するに、漢字のハネや書順にうるさい教師たちは、自信が持てない自分の拠り所を「権威」に求めたに過ぎないわけだ。

 

このほか、漢字の中には、歴史的にみても、権力者のこじつけや気まぐれで作られたものがあること等、いろいろな「雑学」が楽しめる。この本で感じるのは、漢字というものは、一つのルールに従わなければならない堅苦しいものではなく、もっと柔軟に使ってよいものである、ということだ。タイトルが示すとおり、気楽に読める本となっているので、気が向いた時にパラパラと読んでみてもよいだろう。

|

« 書評「iPhoneが日本に上陸する日」(山根康宏著、技術評論社) | トップページ | ウグイスが今 »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/422027/10847834

この記事へのトラックバック一覧です: 書評「漢字を楽しむ」(阿辻哲次著、講談社現代新書):

» 講談社とりまとめ [講談社メンバー]
講談社のリンク集形式のサイト情報です。の情報収集にお役立てください。 [続きを読む]

受信: 2008年3月 2日 (日) 12時59分

« 書評「iPhoneが日本に上陸する日」(山根康宏著、技術評論社) | トップページ | ウグイスが今 »