« 書評:「昭和天皇」(原武史著、岩波新書) | トップページ | 「液晶産業のアーキテクチャと企業戦略」(ものづくり寄席) »

橋下知事反省の弁

本日のアサヒコムに『「橋下節」修正連発 府庁批判影潜める 初の定例会見』と題する記事が出ていた。読んでみて「感動」を覚えずにはいられない。

 
   

「現場を見ずに頭で考えていた。自分の教育論は『机上の空論』だったと反省している」

   

会見の冒頭、橋下知事が反省の弁を述べた。この日、初めて公立学校を視察、その「成果」を強調したのだ。

   

選挙中から「高校の学区撤廃」「学力別クラス編成」を提唱し、学力上位層の競争力を強化する教育改革に意欲を示してきた。9日には府の独自施策である公立小学校1、2年生の35人学級制について「効果に疑問がある」として府教委に見直しの検討を指示した。

   

13日に視察した柱本小では、子どもの理解の度合いに応じてクラスを半数ずつ2カ所の教室に分け、少人数で指導する様子を見守った。橋下知事は「40人、50人でも授業は可能と思っていた。現場を見て、少人数で手取り足取り教えることも必要だとわかった」。

   

その後の会見では、「ただちに持論が変わったわけではない」と語りつつ、「あまりの世間知らずに恥ずかしさを感じました」と反省。府教委などと議論を重ねていく考えを示した。方針変更の可能性についても「独裁者じゃありませんし。結論が妥当ならそういう政策になる」と話した。

 

自分の公約を机上の空論だったとこうも簡単に言い切れるとは。選挙中の公約とはいったいなんだったのだろうか。

 
   

当選後、「原則認めない」と表明している府債も実態は発行する方向だ。橋下知事は会見で「原則は発行ゼロ」と譲らなかったが、08年度当初予算案で約160億円を計上することが明らかになっている。先月30日には、後年度に地方交付税で補われる府債について「僕の知識不足でした」と容認している。

 

府債に対する知識がないのに知事になれるとは。すごいことである

 
   

ただ、どこまで本気で府債発行ゼロを目指しているかは不透明だ。会見でも「必要なものだけ府債は認めますなんて言ったら、職員からどんどん必要性の議論が出てきて、1週間で暫定予算なんて組めるわけがない」と説明。「原則ゼロという号令は組織マネジメントとして必要。収入の範囲で予算を組むという目標達成のための指揮のやり方」と解説した。

   

「計算していなければ、単なる馬鹿でしょう」。会見で橋下知事が語気を強めたのは、議論を巻き起こすことを計算したうえで発言しているのかと問われた時だった。自らの発言で「おおいに世間で議論してもらいたい」というのが橋下知事の立場のようだ。

 

ああ、そうだったのですか。すべて計算されていた発言だったのですね(笑)。御見逸れしました。

 
   

だが、威勢のいい「橋下節」はトーンダウンしたものも多い。1月の公開討論会で「僕が立候補した最大の理由」と言い切った情報公開の徹底は、府側との予算折衝や議会との意見交換を冒頭部分しか公開せず、「初めからの公開では改革は進まない」と後退した。

   

赤字隠しが発覚した際は「職員性悪説」と府庁をやり玉に挙げたが、この日の会見では職員をねぎらい、暫定予算を編成した財政課への賛辞を繰り返した。

   

橋下知事が初当選した際、戦々恐々だった府幹部は胸をなで下ろす。「表で無理なことをぶち上げても、裏では落とし所を考えてくれている。仕えやすい上司や」

 

そうでしょう、そうでしょう。さすが「弁護士」ですね。

 

あまりの機会主義的、御都合主義的な発言にあいた口が塞がらない。ただ、こうもあっさり自分が間違っていることを認めるというのも、なかなかできないことではある(もっとも選挙時の公約自体が何にも考えていない無謀なものであったせいでもある)。

 

役所がやっていることは(もちろん変なものも多いけれども)リーズナブルなものが多い。それを理解して支持してくれるのであれば、府の職員もやりやすい。あとは、様々な抵抗が多い政策をどう進めていくのか、長期的な課題に取り組めるのか、といった点が課題だろう。ひとまず、今後の動静をウォッチ。

|

« 書評:「昭和天皇」(原武史著、岩波新書) | トップページ | 「液晶産業のアーキテクチャと企業戦略」(ものづくり寄席) »

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 書評:「昭和天皇」(原武史著、岩波新書) | トップページ | 「液晶産業のアーキテクチャと企業戦略」(ものづくり寄席) »