« 安倍総理辞任 | トップページ | 夏目漱石展 »

自民党総裁選

自民党総裁選は、福田康夫氏が党内国会議員からの支持要請を背景に出馬を表明、党内主要9派閥中8派閥(残り一つは麻生派)の支持を取り付け、優位に立っています。

マンガ好きで国民的支持もあるとされた麻生幹事長は、顰蹙モノの安倍辞任を事前に知りながら対応しなかったことを理由に、党内議員の支持が得られていない状況です。人気が低落した安倍政権の幹事長を引き受けた時点で、麻生さんの次の目は厳しくなったと思いましたが、このように支持が得られないのは、事情は理解できるとはいえ、意外でした。

とはいえ、党内の集権化が進む中、「勝ち馬に付」あるいは「バンドワゴン効果」というのは明らかに見られるようで、

福田氏圧勝の勢い、自民国会議員213人が支持明言

読売新聞社は、自民党総裁選(23日投開票)について、同党所属国会議員(387人)の支持動向調査を実施した。福田康夫・元官房長官(71)を支持すると明言した議員が213人で、麻生太郎幹事長(66)の45人を大きく上回った。

(2007年9月17日3時1分  読売新聞)

また、これを呼応するかのように、選挙民での支持も福田氏に。

読売新聞社は15、16の両日、自民党総裁選に関する緊急全国世論調査(電話方式)を実施した。Click here to find out more!
 福田康夫・元官房長官と麻生太郎幹事長の、どちらが総裁にふさわしいかでは、福田氏を挙げた人が58%にのぼり、麻生氏の22%を大きく上回った。自民支持層で見ると、福田氏61%、麻生氏27%だった。
 国会議員票で優位に立つ福田陣営に対し、麻生陣営は都道府県連の党員投票に期待しているが、国民の人気も福田氏の方が高かった。
 男女別では、男性は福田氏53%、麻生氏27%、女性は福田氏62%、麻生氏18%で、女性の福田氏支持が目立った。年代別、地域別でもすべて福田氏の方が多かったが、麻生氏の地元「九州」では、福田氏50%、麻生氏28%と他と比べて差は小さかった。

(2007年9月16日21時35分  読売新聞)

福田さんは、話を聞いていると本当にソツがありません。失言問題等で苦しみ、参議院選挙に大敗した安倍路線からの転換という意味でも相応しいといえるのでしょう、こうしたところが党内からの支持を集めている理由のようです。

とはいえ、総選挙で自民党が勝てるかどうか、という点は未知数です。特に国内政策、経済政策については、福田さん自身も十分詰めていないようで、誰にもよく分からないのが現状です。どのような路線をとるにせよ、それが与党支持回復につながるのかどうか。

国民の支持を得ていない内閣が二代続くということで総選挙を求める声がかなりありますし、それはもっともだろうと思います(こうした声が出てくるという傾向は、議院内閣制の趣旨から言って望ましいと思います)。この情勢だと多分総理になる福田さんも、話し合い解散の可能性について言及していますし、おそらく予算が通った後くらいに解散になる可能性がかなりあると思います。「溜池通信」でかんべいさんが指摘していましたが、本当にG8サミットが日本で開催される年は総選挙が行われるのですね。

福田内閣となれば、小沢民主党にとってもやりにくい相手でしょうが、長期的趨勢として自民党の支持率低下、民主党の支持率増加もあるので、国民の支持がどう動くのか、非常に注目です。(小沢民主党にとっては、まず空白区の候補者を至急立てるという作業が必要なんですが)。

とにかく、どの政党が勝つ負けるということも重要ですが、総選挙における民意が政治に反映されるという議院内閣制の定着(そのトレンドはあると思う)を臨みます。

 

|

« 安倍総理辞任 | トップページ | 夏目漱石展 »

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/422027/7979380

この記事へのトラックバック一覧です: 自民党総裁選:

« 安倍総理辞任 | トップページ | 夏目漱石展 »