« ブログ開始 | トップページ | bk1での書評 »

トークショー「計算不可能性を設計する」

 勤務時間終了後、職場をそそくさ出て、神成淳司×宮台真司「『計算不可能性を設計する』刊行記念トークショー」@丸善丸の内店へ。やはり、というべきか、聴衆のほとんどは20代30代くらいの人たちで、会場はほぼ一杯。さすが宮台教祖といったところでしょうか。

 1時間半という比較的短い時間の中で、トークはあっちこっちの話題に飛ぶので、書籍の対談にあった主要な内容が網羅されていたわけではなかったように思います(もっとも、書籍の方もトーク同様にいろいろな話題に触れており、それを数日空けては少しずつ読んでいったので、自分がどこまで内容を把握しているか怪しいですw)。

 ネットでも中継されていたこともあり、たぶん誰かが詳しい内容は書いてくれるのでしょうが、自分なりに(「まとめ」と言いたいところですが、うまくまとめるほどの力もないので)勝手にかいつまんでいくつかの点を述べると、

  • 日本のIT業界は、現場を知らず、(ユーザとの)感情の前提の共有なしに情報システムを作ってしまっているため、出来上がったシステムはフィットしたものになっていない。みな儲からず、仕事場も3K化しているのが現状。
  • ITは人件費の高くすべてを人間がやることが不可能である日本のような国では不可欠であり、感情の前提の共有を増やすことは可能。
  • ユビキタスといわれるがは、アマゾンに見られるように、情報の遍在というよりも情報の偏在がおこり、人々の選択肢を減らしているが、こうした中で幸せをどう設計していくかが問題(教育の問題)。

といったところでしょうか。全体として第一点目に挙げた点についての話が多く、最後の点については、時間切れで、あまり触れることができなかったように思います。今後も、今回のように二人で対談される機会があるようなことを言っていたと思うので、続きはそこでということでしょう。

ちなみに、トーク終了後、急いで帰宅、トークで宮台氏も触れたNHKスペシャル「30代のうつ~会社で何が起きているのか~」を視聴しました。自分自身は幸いそのような状態に追い込まれたことはありませんが、自分の周囲でもうつになってしまった人を過去何人か見ており深刻な問題となっているので、興味を持ってみました。感想等は別の日に触れることがあるかもしれませんが、いったんうつになった人の職場復帰の大変さを考えると、当事者のみならず、企業、そして社会全体にとっても、大きなロスであることは間違いありません。一面的な解釈でしょうが、十分に開放的とは言えない日本社会(国全体、そして各企業)、流動性の低い労働市場、年功序列、デフレ、少子高齢化等々の様々な要因が、サービス残業という形だけでなく、うつという形で働く人々にしわ寄せを及ぼしている、ということもいえるのでしょうね。そして、そうした状況を強いてきた企業自身にとっても負担として現実に跳ね返ってきているということなのでしょう。

|

« ブログ開始 | トップページ | bk1での書評 »

シンポジウム、トークショー等」カテゴリの記事

思想・哲学・社会」カテゴリの記事

コメント

貴重な感想ありがとうございます。
日本って、ほんとボロボロですよね。でも、ここが踏ん張りどころ、です。
内容的にはご指摘のとおり、ちょっと散漫なところもあった感じなので、次回はもう少しうまくやりたいと思ってます。また意見をください。次回のことはネットで発信します。

投稿: イベント主催者 | 2007年6月29日 (金) 13時02分

>イベント主催者様

コメントありがとうございます。ご指摘のとおり、私も日本の現状はかなり厳しいような感じを持っています。残念ながら、すぐに目に見える改善はしないような・・・。少しずつ成功体験を積み重ねてそれを共有していくしかないのでしょうね。次回も楽しみにしております。

投稿: enka | 2007年6月30日 (土) 01時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/422027/6930987

この記事へのトラックバック一覧です: トークショー「計算不可能性を設計する」:

« ブログ開始 | トップページ | bk1での書評 »